Top

オンラインTRPGサイト「月光華亭」の一参加者のひとりごと
by tairen8410
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
100816 『愚かな恋のお話』
参加PC:ラン、アイリーン、アーニティ、ヴィオラ、ダニオ(敬称略)

オープニングがぎりぎり16日のうちに始まったので開始の日付的にはついに1日2卓開催!
まあ実際はほとんど17日なんだけど(笑)

ネタはいつものシンプルなのとは違って慣れないRP系に久しぶりにチャレンジ。
濃いというか、もはや特濃ともいうべき(褒め言葉)PCの皆様相手にどうなるか色々不安でしたが…(笑)

内容はなんと言うか救いようのないお話。
開催前に悩んでいたのは、少しは救いようのある方向も用意してからにしようかなと考えていたんですが、
色々考えた結果、そのままの方向で突き進んでみました。

アイリーンが言ってましたけど、男が会いに行ったのがそもそもの間違いの始まり。
男も女も、色々な理由もあるにしても、ただただ弱かった。
そして男は最後の最後まで愚行を重ねました。

こんな弱くて愚かなNPCをぶつけてみたかったんです。
一番の愚か者は、そんなNPC相手に色々な想いをぶつけてくれた皆さんをみて、にやにやしていた私(笑)
もっとバッサリと切られるかなと思ってましたが、想ってた以上に熱い気持ちをぶつけてくれた皆さんに感謝。
いいメンバーに恵まれました。後味悪くて申し訳なかったけど。
後悔はしていない。反省はしている。

そして今回はモンスターデータで痛恨のミスをしてしまったのが最大の痛手。
おかげで戦闘は演出にならなかった!
わざわざ直前にモンスを変更してまで狙いたいことがあったのに…。
失敗したなぁ。ここだけは後悔している。

愚かなGMにお付き合い頂いた皆様、ありがとでした!
また機会がありましたらこれに懲りずにまたよろしくー!

…またしばらくはお気軽なネタをやろうっと。

あ、スキン替えました!






ヘリオス&ルビー:登場シナリオ『死の宣告』『勇者と悪役の物語』『愚かな恋のお話』
私のセッションに出てくるカップルは必ずこの名前。
ある時はウサカップル、ある時は学者とその助手、そしてある時は村人と貴族の令嬢。
こういったネタはあまりやらないので、半年に一度くらいしか出てきませんが。

元ネタはダイタクヘリオスとダイイチルビーというお馬さん。
ダイタクヘリオスの方は血統はよくないけど短距離の第一線で活躍した牡馬で、どちらかと言えば雑草タイプ。
「オッズを見る馬」とか「笑いながら走る馬」とか、とにかく個性派で人気のある馬でした。
ダイイチルビーは“華麗なる一族”と言われる血統の超良血の牝馬で、正真正銘お嬢様。
ちなみに“華麗なる一族”の祖となる馬は皆さんおなじみの「マイリー」だったりします(小ネタ)。

この2頭が同じ時期に何度も同じレースで対決して、勝ったり負けたりしていたことで、
某競馬マンガでも実は出来てるんじゃないかとネタにされていたのは、競馬ファンなら知ってる人も多いはず。
実際は血統的なこともあり、引退後繁殖入りしてこの2頭が結ばれることはありませんでしたけどね。
…とまあ今回のネタには特にピッタリな名前でした。


どうしようもないGMにお付き合い頂いた皆さん
ラン:とても熱かった。やたらかっこよかった。ぶれない漢のかっこよさと強さが満載。最後にみせた漢の背中は忘れません。
ダニオ:ダニオも熱かった。冒頭で「フォローしないで済むって素晴らしい」と言ってたわりに、結局フォローするのがダニオの優しさ。最後の行動は本当に想定外で嬉しかった。
ヴィオラ:トラウマやら色々つっついてスマンかった…。本当の愛を見せられずに申し訳ない。本当の愛は是非…いや、これ以上は言うまい。最後のダニオへの一言は噴きました。
アイリーン:冷静に的を射た発言が多かったのはさすが。平手打ちも痛かった。本当はもう少し崩してみたかったけど(笑) 最後に祠に誓ったように素敵な恋を。
アーニー:冒頭「他人のことならどうでもいい」と言っていたわりに、所々に、ちょっとした端々に、結構熱いアーニー君を見れた気がします。最近ご一緒してなかったので私的には新鮮でした。
[PR]
Top▲ by tairen8410 | 2010-08-20 23:38 | GM記録 | Comments(2)
Commented by arch at 2010-08-22 08:27 x
冷静……だったかな?(笑)
実はもう一つ乗れたらなあ、くらいに思っていたのですが。

祠に誓ったのが現実になるかどうかは……どうでしょう?(笑)
Commented by tairen8410 at 2010-08-24 22:21
冷静というか、うーん、なんだろうな。
まあ、上手く乗せられなかったのは、話の内容も内容だったし、私の力不足もあるし、申し訳なく…。

でも、昨日みせていただいたログの、アイリーンについての話でいくつかニヤリとしていたり。

またいずれ出直します(笑)
<< 100822 『青い瞳に映るもの』 | ページトップ | 100816 『悪竜退治』 >>